恋人からお金を借りると関係が悪くなる

恋人からお金を借りると関係が悪くなる

#

恋人といつまでも仲良くし続けたいと考えているのであれば、いくらお金に困ることがあったとしても、恋人にお金を借りることだけは避けるようにした方がよいでしょう。実際に、恋人にお金を借りた後で関係がギクシャクしてしまい、結局は別れることになってしまったというケースが非常に多いです。

 お金が足りなくなる理由は様々ですが、一般的には、「借金」イコール「金銭感覚がルーズ」という図式が成り立ちます。しっかりとした金銭感覚を持っている人であれば、不測の事態に備えて貯金しているはずですし、自分の収入に見合った消費をするはずだから、借金するような事態には陥らないと考える人が多いです。

つまり、借金する人のことを、計画的にお金を使うことができないダメ人間だと感じる人が非常に多いのが実情です。実際には、本人が関知しない理由のためにやむを得ず借金する人も少なくないのですが、そのように好意的に解釈してもらえることはあまりありません。

恋人からの借金の申し込みに対して、「自分にだけ弱いところを見せてくれる」と喜びを感じる奇特な人もいるようですが、そのような人はごく稀です。多くの場合、借金の申し込みをされた瞬間に恋心が冷めてしまいますし、少なくとも結婚相手の対象からは外されることになるでしょう。

結婚して一緒に家庭を作っていくパートナーが、金銭的にだらしない人でもよいと考える人はまずいません。ですから、恋人との良い関係を壊したくないのであれば、恋人にお金を借りるのではなく、カードローンでお金を借りるようにすることをおすすめします。

 カードローンでお金を借りれば利息が発生してしまいますが、ビジネスライクに利用することができますので、緊急時には非常に便利です。カードローン会社の中には、一見するとキャッシュカードもしくはクレジットカードにしか見えないようなデザインのローンカードを発行している所がありますので、そのような会社を利用すれば、万が一恋人にカードを見られてしまうようなことがあったとしても、キャッシングがバレてしまう心配がありません。

お金の知識記事一覧

恋人からお金を借りると関係が悪くなる
結婚して一緒に家庭を作っていくパートナーが、金銭的にだらしない人でもよいと考える人はまずいません。借金する人のことを、計画的にお金を使うことができないダメ人間だと感じる人が非常に多いのが実情です。
カードローンはすぐに現金を借りることができ住宅ローンより便利
カードローンの履歴が信用情報に影響が出るのではないかという方もいますが、今はきちんと返済ができていれば、自己管理がしっかりできているということでむしろプラスになる場合が多いです。
母子家庭でお金がない場合に利用できる制度
母子家庭でお金がないケースでも、手当てや制度を利用することによって、子供に十分な教育などを受けさせてあげる事が出来るのです。
会社からお金を借りる?従業員貸付金制度の利用
たいていの場合、従業員貸付金制度は、従業員の住宅購入補助金として使われるのが、おもな目的です。会社内であなたがお金に困っているという噂が広がるということも避けられないでしょう。