葬儀に参列する香典代が足りないため消費者金融へ

葬儀に参列する香典代が足りないため消費者金融へ

#

いつも借金を抱えた生活をしていると、何かの支払いが発生することを心配しながら生活する必要があります。余分なものを購入しない、ということを気をつけていてもどうしても必要なお金が発生する場合もあります。

自分や自分の家族が直接関わることについては我慢することで何とかなるものですが、そこに他人との関係が発生すると、そうも行かなくなるのが現実です。例えば、子供の給食費、修学旅行の積立金、学校の制服など、逃れようのない費用は多々あります。

そして、最も金額も大きく、逃れない出費は結婚式、葬式、お祝い、お年玉などの冠婚葬祭系の出費です。普段の買い物の支払いについては、手元に現金がなかったとしても、クレジットカードなどで支払うことが可能ですが、こういったお金については、どうしても現金が必要になるのです。

結婚式、お祝い、お年玉といった行事については、事前にわかることも多いため、予め準備もしやすいですが、香典については、ある日突然、ということも多く、手元に現金がなければ対応できません。そんな葬儀に参列するときに香典代が足りない、といった場面に直面した場合の対処方法として、消費者金融で借りるという手があります。

消費者金融というと、金利が高くて支払えなくなるのでは、と考えている人もいますが、それは非合法のヤミ金といわれるものだけです。一般の貸金業法に基づいて、許可を受けて営業している消費者金融は無担保で現金を貸してくれる機関です。上限金利も決まっており、普通に働いている状態であれば、月々の支払いも数千円から設定できることもあり、通常の生活の中でやりくりは十分可能です。

また、給料日までの10日間だけ何とか乗り切りたい、というときには、数日間無利子で貸してくれるところもできています。これであれば、何のリスクを負うことなく、現金を準備することもできます。これで、面目も保つことができ、生活にも支障なく乗り切ることが可能です。

お金を借りる理由記事一覧

何かとお金がかかる帰省費用でお金を借りる方法
実家に帰省したい、ガソリン代や高速代、電車代は高いけれど利用して帰りたいと思うなら、足りないお金をキャッシングする方法があります。
今すぐ引っ越ししたいという時にはキャッシングが便利です
今すぐ引っ越ししたいという状況は起こりえるのです。消費者金融などのキャッシングなら、申し込んだその日に融資を受けることも可能です。
デキ婚で足りないお金はキャッシングで賄おう
今はデキ婚も珍しくなくなりましたが、お金のことで面倒をかけないためにも、キャッシングで借りるのがおすすめです。
給料が減って生活が苦しいならキャッシングを利用しよう
収入減でも返済していけるようなプランを組んで、一時的に不足している生活費を補うためにキャッシングを上手く利用していきましょう。
田舎での急なお葬式にも便利なカードローン
手間がかかるのが、離れた田舎での葬儀です。電車代や飛行機代、場合によっては宿泊費なども都合しなくてはならなくなります。急場をしのぐ良い方法がカードローンでお金を借りることです。
携帯電話料金の支払い、延滞しないためにはカードローンが便利です
日々の生活で携帯電話が使えないと、仕事などにも支障が出てしまうと言う場合には、カードローンでお金を借りることをおすすめします。
一人暮らしのお金の遣り繰りはカードローンで借りると便利
一人暮らしのお金のやりくりがなかなかうまくいかずに、次のお給料日まで残額が1000円をきってしまうという話はよくあるものなのです。
お金がなくて家賃が払えない場合にはカードローンで借りる方が良い
お金がなくて家賃が払えない。厳しくない大家や管理会社などでは分割もしくは支払い日を遅らせてくれることがありますがカードローンを利用して家賃を払う方をおすすめします。
お金なくて銀行の残高不足が発生。カードローンで借りたい。
クレジットカードにローン機能をつけておくことです。急な冠婚葬祭などの出費が発生して、現金が足らなくなってしまったときでも、最初にローン枠を設定しておけば、カードローンでお金を借りることもできるのです。
夫の失業でお金がない場合、パート主婦でも借り入れ可能
パートの収入でもカードローンの借り入れは可能です。夫の収入の有無にかかわらず、借り入れ可能な会社はたくさんあります。
給料カットで生活費のお金が足りないときの解決策
給料カットで生活が苦しい状況に陥ってしまうと、急な出費でお金が足りない状況になったときはカードローンを上手く利用するという手段もあるのです。
冬のボーナスカットで予想していた収入が入らず支払えない
冬のボーナスがカットされ、もし急にお金が必要になったときは消費者金融に行く前にカードローンを利用するのも頭の中にいれておいた方が良いかもしれません。
夏のボーナスがカットされた時にカードローンを使ってかわりに払う事について
夏のボーナス払いができなくなってそれをカードローンで埋め合わせる場合は、返済計画をしっかり立てたほうがいいです。
仕事が決まったがお金がない、給料日まではカードローンでお金を借りる
仕事が始まってから、給料日までに割と日数があってその間の生活に困っているのであれば、カードローンでお金を借りることで、当分の生活費は賄うことができます。
慰謝料や養育費、別居費用等離婚するのにお金がない場合に消費者金融で借りる
離婚費用に対してそれぞれのニーズの合わせてカードローンを銀行若しくは消費者金融で借りることも選択肢に挙げられます。
給料日までお金がない時に早めにお金を借りる裏技
給料日までお金がない時に急いでいる時には消費者金融で借りる事が適切な判断です。
車の修理代がない場合は消費者金融で借りるのが最短ルート
車は日常的な買い物から通勤通学まで欠かせないものです。修理に伴う緊急の出費にはぜひ消費者金融で借りる方法もあるのです。
葬儀に参列する香典代が足りないため消費者金融へ
葬儀に参列するときに香典代が足りない、といった場面に直面した場合の対処方法として、消費者金融で借りるという手があります。
車検費用が足りずどうしてもお金が必要でキャッシングを利用
車検費用が足りない事態だけではなく、生活費が不足している状況となっても同じ様に、返済予定をキッチリ立てながら消費者金融業者に借入を依頼する事を考慮する必要があります。
結婚資金が足りない時に利用できる消費者金融のキャッシング
ブライダルローンや大手消費者金融のキャッシングを利用すれば、問題なく資金を確保できます。ブライダルローンは、ブライダル関連企業や、銀行、大手消費者金融のサービスでお金を借りる事ができるものです。
引越し代の工面に便利なキャッシング
引越し代が足りないときに便利なのが、消費者金融のキャッシングです。キャッシングはいわゆる小口金融商品と呼ばれるののの1つで、1万円程度から数百万円までニーズに合わせて利用できるローンです。
旅行費用が足りない時に頼れる消費者金融
消費者金融でお金を借りれば旅行費用が足りない、お土産も買えないと言う事態を避ける事ができます。せっかく楽しみに行く旅行なのに、お金が足りないから行く事ができなかったではさみしいです。
ボーナス前の支払いでお金が足りない時のキャッシング
ボーナス前に請求が来て支払いを考えるときは、消費者金融に頼むといいです。消費者金融は審査が早く終わるので、急いでいる時に便利です。